2019年5月~9月の熱中症による救急搬送人員数

文書作成日:2020/07/31

1年で最も熱中症の危険性が高い季節を迎えています。特に今年は、新型コロナウイルス感染予防のためにマスクの着用が求められており、例年以上に注意が必要です。ここでは、総務省消防庁の資料(※)から、2019年5月~9月に熱中症で救急搬送された人数を都道府県別にみていきます。

上記資料によると、2019年5月~9月に熱中症で救急搬送された全国の人員は7.1万人でした。2018年は9.5万人であったことから25%程度減少したことになります。とはいえ2015年から2017年は5万人台であったことからすると、2019年も高い水準にあるといえます。

都道府県別に搬送人員と人口10万人当たりの搬送人員をまとめると、下表のとおりです。
搬送人員が最も多いのは東京都で6,046人でした。次いで大阪府が5,182人、愛知県が4,705人などとなっています。一方、最も少ないのは島根県で452人でした。次いで鳥取県が457人、徳島県が482人などとなりました。

人口10万人当たりの搬送人員をみると、最も多いのが鳥取県で79.69人となりました。鹿児島県が78.94人、岡山県が75.36人で続いています。

環境省や厚生労働省では、「令和2年度の熱中症予防行動」を発表して注意喚起を行っています。

貴院でもこうした資料などを参考に、患者等への注意喚起を行ってはいかがでしょうか。

(※)総務省消防庁「2019 年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

SNSでもご購読できます。