高齢者虐待件数、令和3年度は施設で再び増加 

文書作成日:2023/01/19

高齢者虐待件数、令和3年度は施設で再び増加


 厚生労働省より、高齢者虐待に関する対応状況などについて、令和3年度の調査結果が公表されました。

 この調査は、高齢者虐待防止法(平成18年4月施行)に基づき、全国の市町村や都道府県を対象に、高齢者に対する虐待への対応状況をまとめたもので、平成19年度から毎年度実施されています。

 令和3年度の市町村への高齢者虐待の相談・通報件数は、養介護施設従事者によるものが2,390件(前年度より293件、14.0%増加)、養護者によるものは36,378件(同604件、1.7%増加)でした。うち、高齢者虐待であると判断された件数は、養介護施設従事者等によるものが739件(同144件、24.2%増加)、養護者によるものは16,426件(同855件、4.9%減少)です。

 推移をまとめると、下グラフのようになります。養介護施設従事者等によるものは、相談・通報件数も虐待判断件数も、調査開始以降おおむね増加傾向です。養介護施設従事者等によるものは前年度調査では減少に転じましたが、再び増加となりました。養護者によるものは相談・通報件数は増加したものの、虐待と判断された件数は減少しています。

出典:厚生労働省「令和3年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づく対応状況等に関する調査結果」p.2

 また、入所系施設における虐待について、認知症の程度や要介護度と虐待の種別の関係をまとめたものが、次のグラフになります。

出典:厚生労働省「令和3年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づく対応状況等に関する調査結果」p.4

出典:厚生労働省「令和3年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づく対応状況等に関する調査結果」p.5

 同調査では、ここでご紹介したほかにも、施設の種別、相談者・通報者の内訳、虐待者の状況などの結果が掲載されています。詳細は以下のホームページにてご確認ください。

参考:
厚生労働省「令和3年度「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」に基づく対応状況等に関する調査結果

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

SNSでもご購読できます。



ご相談お問合せは最寄りのオフィスにご相談ください

京都本社

住所:
〒604-8106
京都市中京区東洞院通御池下る笹屋町445
日宝烏丸ビル5F 2号室

営業時間:
月曜~土曜 9:00~18:00

電話番号:
075-708-6776

メールアドレス:
info@yueisya.com
電話問い合わせ

大阪オフィス

住所:
〒567-0824
茨木市中津町21-10
インクルード社会保険労務士事務所内

電話番号:
072-628-5889

メールアドレス:
wada.tomoko@sr-include.com

電話問い合わせ

名古屋オフィス

住所:
〒454-0012
名古屋市中川区尾頭橋2-2-20
沢井ビル2階 なごや経営労務サービス内

メールアドレス:
lord.acclaim@gmail.com

電話問い合わせ

お問合せフォームからのご相談も可能です

問い合わせフォームはこちら

夕映舎サテライトオフィス
スタッフ募集しております

サテライトオフィス加盟募集

  • 夕映舎業務のエリア展開にご協力いただける方を募集しています。
  • ご自身の事務所をお持ちの方であれば業種問いません。
  • 詳細はお問い合わせください

夕映舎テレワークスタッフ募集

  • 事務所所在地 京都・大阪・名古屋